鬼女の井戸端会議-鬼女、キチママ、修羅場、生活まとめ-

タグ:祖母を含む記事

579:名無しさん@HOME2013/04/16(火) 02:31:44.41 0スレチだったら誘導願います。解決はしているのですが、私の常識がおかしいのか判断に迷うのでご意見をお聞かせください。昨日、私の祖母が他界し、今日が通夜だったのですが、そこにコトメが婚約者同伴で片道2時間かけ...

288 :本当にあった怖い名無し 2013/05/15(水) 00:14:28 ID:HmhAro8U0 このスレが妥当なのかわかんないけど旦那がうちの祖母に復讐してくれた話を書いてみる。 私の希望で里帰り出産をしたんだけど、2年ぶりに帰省したら以前から厳しい祖母がレベルアップしてた。 「お腹...

112 :名無しさん@おーぷん 子ども時代に祖母に衝撃を受けたこと。小学校の授業で戦争について習ったので祖母に戦時中の暮らしを聞いたら「田舎の別荘に疎開していたから不便だっただけwww。大嫌いな勉強も習い事もせずに済んだから楽しかった。お手伝いさんも連れて...

666 :名無しさん@HOME 2015/07/28(火) 16:52:23.49 0.net 最低な話叔父がはっちゃけ次男長男夫婦が、海外に転勤したのを機に一人暮らしで足を骨折して以来、あまり身動きできなくなって特老に入居中の祖母を引き取る母、海外の叔父夫婦は「素人に介護は無理、嫁さん...

460 :名無しさん@おーぷん 大学生の頃、祖母が足を悪くして手術し、1ヶ月ほど入院したとき。母は働いていて土日は休みがとれなかったので、平日は母・土日は私が付き添うことになった。そのことを当時の彼氏に話し、付き添いが終わったあと食事に行ったりは全然大丈...

19 :名無しさん@おーぷん オタク要素あります、すみません小学生時からオタク全開だった私は本・DVD・ドラマCD・イメージCDなどを小遣いやお年玉を費やし、タイミングが合えばクリスマスや誕生日に買ってもらってた。中学入ってからは新聞配達のバイト代、高校入って...

623 :名無しさん@おーぷん 母方の祖父の話祖父は孫の私たちはもちろん実の子である母や伯父ですら笑った顔を見たことがないらしく、祖母に対しても「おい」とか「これ」とかしか言わない気むずかしい人だった。そんな祖父がある日認知症を発症し、祖母と伯父嫁では介...

683 :名無しさん@おーぷん 書き込んだ後に、黒い過去、ってより、単に人には言えないことなだけだよなスレ違いだとてくよくよ考えてたら、思い出した過去。忘れてたくらいなので、まったく後悔はしてないんだけども父方祖母に大けがさせた。当時、父方祖父母と同居だ...

807 :名無しさん@おーぷん 修羅場かどうかわからんけど、この時期になると思い出す話さらっと昔話すると、僕の家族はみーんな16〜17のころにタヒんじゃった。16の時に親父で、17の時母・弟・妹ってな具合。他の親戚はとうの昔にタヒんでた。役所いっても「プッ働けばw...

139 :名無しさん@おーぷん 私が2歳の頃に父の不倫が原因で両親が離婚し、それ以降一切父とは会っていない。父方祖母が私を不憫に思っていたらしく、遺言状に私宛の相続を記してくれた。祖母が亡くなってから銀行の貸金庫から遺言状が出てきたそうで、家族の誰もが貸金...

459 :名無しさん@おーぷん 他人には伝わりにくい衝撃かもしれない俺の祖母(90歳)家事完璧、裁縫や料理はもはやプロ級自室にはいつも生花が活けてある外出しないときでもばっちり化粧してきれいな服着てる言葉遣いもきれいで、短歌と読書と映画鑑賞が趣味バラエティー...

21 :名無しさん@おーぷん 祖父母が建てた家を祖父母がお金出してリフォームしてくれて現在私祖母と同居中(祖父は数年前に他界)。ほんの数日前、突然大量の段ボールが義実家から送られてきてその日の夜旦那に、「うちの両親が俺達夫婦と同居したいって言ってるからこの...

843 :名無しさん@おーぷん 書き溜めてないので遅いしちょっと長くなるかもだけど修羅場。フェイクありなので矛盾でたらすいません。うちの家族は私が小さい頃から嫁姑仲が凄く悪かった。要領良くて(自称)なんでもできる祖母と、天然入ってて口下手の母で、毎日母が怒...

968 :名無しさん@おーぷん 色々とつもり重なった結果、マジキチ引きこもりニート化したという修羅場。(祖父母=私から見て祖父母の立場。母が成人のときに離婚するも祖父母間で交流あり)毒祖母から逃げるために母デキ婚。うまくいかず父が浮気して離婚、親権は母(子供...

850 :名無しさん@おーぷん オカルト的な話なんだけど私の父は三男で一番末っ子、祖母(乳の母)可愛がられて育った祖母は長男家と同居していたが、子どもには発達障害があったこともあり、末っ子の父の娘である私をたいそう可愛がってくれたでも私の父はオカルト宗教に...