鬼女の井戸端会議-鬼女、キチママ、修羅場、生活まとめ-

タグ:男を含む記事

746 :名無しさん@おーぷん 2016/06/06(月) 11:07:15 ID:IgXいま起きたことですが混乱してて整理できてないかもですが聞いていただけますか?現在、夫と娘、息子と四人暮らしです娘と息子を園に送り、買い物して自宅に帰ってきたところで若い男に声をかけられました要約す...

18 :名無しさん@おーぷん 2017/09/14(木) 01:41:20 ID:h4k むかーし昔、大学進学時に一人暮らしを始めたが、貧乏だったので、借りたアパートは空家も多い古い住宅地の暗い路地をくねくねと曲がった奥のどん詰まり。もちろんバイトは必須。女だけど深夜2時ごろまでバイト...

187 :名無しさん@おーぷん 2017/09/13(水) 12:28:39 ID:wC1 以前は挨拶だけする程度の仲だった奥さんが、最近いやにニヤニヤしながら、「奥さんはまだ若いからねー」とか「そういうの流行ってるらしいけど危ないわよー」とか謎のことを挨拶と一緒に言い始めて、「何がお...

102 :おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2017/05/15(月) 14:56:42 ID:EdFXnDt9.net 後ろ向きな話なんだけど相談です ムシャクシャして酔っ払ったから、たまたま仕事の打ち上げで 他社の下っ端の私を背後から殴った男がいて、 「勝手によろけて大怪我したのを俺の...

368: 恋人は名無しさん 2016/11/05(土) 11:25:30.92 ID:wIgHrEt60.netツイッター登録だけ数年前にしてて、ふと、そういあ彼女がデートしたときの写真とかたまに載せてるって言ってたのを思い出して 深夜につい検索してしまって後悔 知らん男にお前に会いたいよとか、遊ぼ...

218 :名無しさん@おーぷん 若くして結婚し、転勤族の夫についていくために専業主婦になった姉姉夫は半年から長くても2年もたたずに転勤になり、毎日帰りは遅い転勤の範囲は全国で、一度行った土地には原則二度と戻ることはない(同じ県に戻ることはあっても前回とは離...

667 :名無しさん@おーぷん 小学生の頃の話ある日の夕方近所を歩いていた道が五叉路になってるちょっと広い場所にさしかかったとき、向こうの角から人が二人もみ合うようにしながら、倒けつ転びつ飛び出してきたまだ遠かったけど、大人の男性だというのは分かったそれ...

894 :名無しさん@おーぷん 嫁に「あなたがお母さんばっかりかばって私にヒドイ態度なのはお母さんへの反抗期は終わっているけど、私に対する反抗期が終わってないからよね」って言われた時。その時は「何ふざけたこと言ってんだブス」で終わらせたが横でブフッと吹き...

309 :名無しさん@おーぷん 10年くらい前で高校生だった時の話。下校時に持病の発作が出て、息はなんとか出来るもののその場にうずくまって動けないでいた。ダメだ救急車呼ばなくちゃ・・と思いながらも苦しくて携帯のボタンを押すことすらできなかった。そしたら通...

486 :名無しさん@おーぷん 職場(スーパー)で、いきなり後ろから腕を掴まれた。振り向いたら、知らないお婆さん。「何か?」って聞こうとしたら「見つけたぞ。こんな所まで逃げやがって」とか何とか叫びながら、引っ張ってきた。結構強い力だった。同僚やお客様が呼...

640 :名無しさん@おーぷん 学生時代地下鉄で学校に通ってた。その駅はかなり深いつくりで、大きい駅じゃないからか狭くて急な階段だった。毎日その階段を昇り降りして通学してたんだけど、ちょうど毎日下校する時間に階段でよくすれ違う男がいた。多分27、8の痩せ型で...

588 :名無しさん@おーぷん 友達に「本好きな男友達がいるから会ってみない」と言われ、2度会ったんだけど合わなかった。1度目は喫茶店。読んでる本の傾向は5割方かぶってるんだけど、向こうの感想は全部酷評。「つまらない」「くだらない」「手垢のついたテーマ」「だ...

922 :名無しさん@おーぷん ある日突然、母に捨てられた時が修羅場。仕事仕事で家庭をかえりみなかった親父が、俺が16の時事故ってタヒ亡。同乗者は不倫女だった。以来、母と手を取り合うようにして生きてきた。20代ギリギリで結婚し、親孝行できると思った。結局離婚...

1 :名無しさん@おーぷん LINEで他の男と親密なやり取りしてる二人で映画や食事にも行ってるみたい泣くわ 2 :名無しさん@おーぷん そんな事より野球しようぜ 3 :名無しさん@おーぷん いいや、缶けりしよう 4 :名無しさん@おーぷん >>2俺肩自信な...

592 :名無しさん@おーぷん 武勇伝になるかわかりませんが、大学時代の話をひとつ。私の通っていた大学はものすごく田舎で、大学の周りは駅と田畑しかなく街灯も少ない様なところ。しかも大学は夜間部もあるところだったので必然的と言うか変質者の出没が多い地域だっ...

161 :名無しさん@おーぷん 復讐というか自衛というか…ネットでジャムのレシピを見て試してみたくなり休みの日にさっそく作っていた鍋で煮詰めているときに玄関がいきなりガチャリと開いたかと思うと包丁を持った男が「やばい!」と思った男が喋ろうと口を開いた瞬間...

652 :名無しさん@おーぷん 実際の修羅場ではないというか、私が脳内暴走しただけですが。高齢の母とアパートで2人暮らし。父はずっと昔に鬼籍。母は軽い認知症だが、身の回りのことは自分でできるし、生活費は必要なので、私は勤めに出ている。ある日会社にいると、...

56 :名無しさん@おーぷん 最大かどうかはともかく修羅場だった話当方20代既婚女性私と夫はいつも駅と家の間をマイカーで通勤していましたその日は夫の帰りが遅くなる(=駅からタクシーで帰るか、改めて車で迎えに行く)ということで私一人が運転して帰ることになりま...

414 :名無しさん@おーぷん 昨日、駅に行くために地下街を通ったら、たまたまリニューアルオープン当日だったみたいでちょっとしたお祭りみたいな混雑ぶりだった。半分人ごみに流されながらもなんとか前進してたら、いきなり後ろから手をつかまれて「どこにいくんだよ...