鬼女の井戸端会議-鬼女、キチママ、修羅場、生活まとめ-

修羅場の記事一覧

172 :名無しさん@おーぷん 義実家にお呼ばれしてお食事をいただいた。義父が退職したので、お疲れ様でしたということで。旦那の妹夫婦も来ていて、義妹には会った事があったけど義妹の旦那とは初顔合わせ。その食事の席で、義父の退職から仕事の話になり、義妹の旦那...

446 :名無しさん@おーぷん まだ学生で一人暮らししてた時、体調悪くて1人で寝込んでたんだけど、夕方頃窓開けたままうとうとしてしまった。なんか布団に猫かなんかが乗っかってきたような感じがして目を覚ますと、いつの間にか夜中になってる真っ暗な部屋の中、ベッド...

570 :名無しさん@おーぷん 今となっては笑える話なんだけど、その時は衝撃的だった話大学3年生くらいのとき、突然フェイスブックのメッセージが送られてきた男だったし、誰だ…?と思ってプロフィールを見てみたら、中学時代の友人Mだった変わった子で友達が少なかっ...

662 :名無しさん@おーぷん 嫁は正直言ってメシマズ寄りで、食べられないわけではないのだが、嫁の手料理では食の楽しみを味わう事はできなかった。俺が海外に出張になり、数ヶ月嫁から離れる事になった。現地の食事は最初は美味かったがやはり飽きる。白米や味噌汁を...

876 :名無しさん@おーぷん 良義姉(夫の姉)はシングルマザー。元義姉旦那の不貞で8ヶ月の娘を引き取り離婚している。その義姉が重い病気にかかり、入院する事になった。義両親が他界していることもあって、一時的に義姉娘を預かる事となった。普段は私と夫、娘(中二)が...

611 :名無しさん@おーぷん PTAの子供会で私がタヒにかけた修羅場20年近く前で、まだそこまでアレルギーが浸透してなかったのかな子供の頃だったからそれほど時世を理解しでたわけではないんだけど、それが原因で危なかった昔の子供会では予算が余ると皆でディズニ...

355 :名無しさん@おーぷん 仕返しスレに投下しようかと思ったけど、ちょっとした仕返しどころじゃなかったのでこちらへw(胸糞、汚物下ネタ注意)大学時代、付き合ってた男と初めて一泊旅行した。夜景がきれいなホテルのコーナースイート。神戸に行くことが決まった...

91 :名無しさん@おーぷん どっかで似たような話を見たことがあるけど、生みの親と育ての親が違った6歳の時に生母が家を出て、あまり間をおかずに養母がやってきた当然「このおばちゃん誰?」と思ったがそこに家族全員から「どうしたの、お母さんよ」とやられてみんな...

424 :名無しさん@おーぷん 長くなりますが。私がした小さな復讐。20代の頃、当時の彼氏A(以下、モラ夫)と同棲していた。モラ夫は典型的なモラハラ男だったがそれに私が気づいたのはA男と同棲し始めて1年経った頃だった。当時私は性格はいろいろアレだったが、幸いに...

666 :名無しさん@HOME 2015/07/28(火) 16:52:23.49 0.net 最低な話叔父がはっちゃけ次男長男夫婦が、海外に転勤したのを機に一人暮らしで足を骨折して以来、あまり身動きできなくなって特老に入居中の祖母を引き取る母、海外の叔父夫婦は「素人に介護は無理、嫁さん...

670 :名無しさん@おーぷん 高校の時、1、2年と担任だった教師が最悪で、結果的に教師が再起不能になった話。私 学生A子 虐めてきた元友達、きょ教師 元々贔屓目が強く、あまり当てにならない1年の夏頃に友達だった女に当時そこそこ有名になっていたインターネッ...

225 :名無しさん@おーぷん 9歳年上の姉姉は小学校からいじめられたっぽくて中学校から引きこもり母いわく「厳しくしすぎて内気で主体性のない子に育っちゃった。あの性格じゃいじめられるわ」父:旧帝大→証券業界母:どっかの固めの女子大→結婚と両親は真面目一筋の...

101 :名無しさん@おーぷん 父に私の知らない顔があったこと。父は強面で、口はへの字で眉間にはシワを寄せていつも不機嫌そうな顔だった。母に対しても「おい、新聞」だとか「お前、耳掻きどこやった?」だとか、偉そうな口ぶりで指図してた。娘である私も父の笑った...

469 :名無しさん@おーぷん 12月頭に免許をとった私友達が片足がなく車いすなんだけど、百貨店で年末の色々お買い物するから、行きは交通機関使っていくけど帰りに迎えに来てほしいと言われた今日から仕事休みだし、運転の練習にいいよーと快諾して夕方迎えに行った車...

918 :名無しさん@おーぷん 私が弟の縁談と就職を潰してしまった事。弟と私は10以上離れていて、その原因の一端として私が小さい頃に大病をした事がある。今は働くのに問題ない体ではあるけど、不妊なので独身。最初に就職した会社はサビ残が毎日3時間以上という状況だ...

325 :名無しさん@おーぷん 前に働いていた小さな喫茶店のコーヒーマシンの話。マシンは古くはないんだけどウィーンピピピピってたまに動作停止する。そんな時は店長(女、元ヤン)がバシバシ叩いたり撫でたりするとなぜか復活するのでそのまま使っていた。ある日自分と店長...

842 :名無しさん@おーぷん 今日、彼女と別れた夕方家の近くのスーパーに2人で買い物に行って2人でレジに並んだ俺達の前の客は子連れで、糞ガキがこちらのカゴに触ってそのまま揺すって落とそうとしてきた糞親がそれを止めたまではいいのだか、糞ガキは何故か俺の腕を...

167 :名無しさん@おーぷん 二十代の時付き合ってた彼氏に「そろそろ結婚とか考えない?」と訊いたら、「結婚嫌、子供要らない、自分の稼ぎは自分に使う、でも○○(私)は料理も車の運転も上手いし別れたくない、どうしてもというなら結婚してもいいけど、家計はそれ...

261 :名無しさん@おーぷん 馬鹿な女が馬鹿な男に引っかかった話。その手の話が嫌いな人は読みとばして下さい。自分は中卒底辺。当時の彼氏も同じような学歴だった。当時のスペック私:17歳彼氏:18歳彼氏はモラハラな所があったり、所謂DV気質な人間だったけど、男...

306 :名無しさん@おーぷん 一家離散した結果が因果応報wwwもう随分昔のことですが、スレ読んでいるうちに思い出したので投下。文才がなく、ムダに長くなってしまいましたがよろしければお付き合いください。文中、消化不良なところがあったら「文才ねえなこいつ」...