211 :名無しさん@おーぷん
社員旅行にて、定年を迎えたAさんの慰労会を兼ねある温泉旅館に泊まった。
宴会前に仲間内でいざ大浴場へと。そこは一階に大風呂、二階にサウナやジャグジーがあるつくりになっていてしかも脱衣場も両方の階にあった。

一通り風呂を堪能し脱衣場に戻ると見知らぬ爺さんがオロオロしていた。聞けば一番端の脱衣カゴに入れた服が無く、他人の服が入っていると。
おそらく一階と二階の脱衣場を間違えたのだろうと思い、「ここは二階の脱衣場、おじさんは一階の脱衣場から入ったんじゃないの?」と話すが確かにこのカゴに入れたと聞く耳持ってくれない。
一階の脱衣場を見てくるからタオルでも巻いて待っているよう爺さんに伝え、一階へ行くと案の定それらしカゴがあった。一応仲居さんに事の次第を話し爺さんに一階へ行ってもらうようお願いし二階に戻りびっくりした。

その爺さん、カゴに入っていた誰のかわからないシャツとパンツ、ステテコさらにメガネまでかけて座っていた。「おかしいな?俺のメガネと違うな」とかなんとかつぶやいていた。
「おじさん、それよその人の服でしょう。着たらダメだって」の言葉もやっぱり聞いてくれなかった。あとはさっき呼んだ仲居さんに任せて部屋に戻った。

その後の宴会時Aさんがゲンナリした顔をしていたので話しを聞くと、
「風呂から上がると、知らない爺さんが俺の下着を着て仲居さんとなにやら揉めていた」
とのことだった。
219 :名無しさん@おーぷん
>>211
認知症の症状そのものだねww
213 :名無しさん@おーぷん
よりによってAさんのだったとは…
風呂上がりとは言え、他人に着られるのはヤダなぁ
214 :名無しさん@おーぷん
痴呆じゃないの
215 :名無しさん@おーぷん
痴呆以外の何があるよ
http://kohada.open2ch.net/test/read.cgi/kankon/1443191393/