927 :名無しさん@HOME 2003/04/23(水) 06:35:00
私が幼稚園年長の時に母が不イ侖。
しょっちゅうデートに付き合わされた。
ピクニックでは一人で走り回って、遠くにいる母に「おかあさーん」と手を振ろうとしたら
母はそいつとキスをしていた。そいつの顔は思い出せないが、その光景だけは覚えている。
帰りにそいつからクマの大きなぬいぐるみをもらった。ちっともうれしくなかった。
ありがとう、という言葉がどうしても出てこなかった。

母の不イ侖は父の知るところとなり、母の父親が田舎から出てきて
自分の娘のしでかしたことを謝った。土下座までしていた。
申し訳ない、申し訳ない と繰り返すおじいちゃんがか哀れだった。
私はドアの隙間からその光景をじっとみていた。
母は仕事を辞め専業主婦になることを条件に、彼らは離婚はしなかった。

それから2年後、妹ができた。
何事もなかったかのように、平和に日々が過ぎた。
端から見れば仲の良い、普通の家族。幸せだった。
928 :927 2003/04/23(水) 06:39:00
私は大学生になり卒業を間近にしていた。
ある日、父の車の掃除を手伝っていたら、かわいい柄の封筒が出てきた。
見てはいけないと思ったけど、中を見てしまった。
部長へ、という書き出しで始まるその手紙はラブレターと言うにはあまりに濃い内容だった。
いまでも一字一句覚えている。
手が震えて、心臓が早鐘をうちならし、呼吸が速くなった。
そのまま駅まで出掛け、手紙をゴミ箱に捨てた。部屋に戻ったら涙が出てきた。

妹は写真を発見してしまっていた。
姉妹で、同じ悩みを抱えてしまった。
父を問いただすべきか、母には言うべきか。悩んでいる間に、父の不イ侖は母にもばれた。

泣いて父を責める母。開き直る父。
父はスト乚スで体をこわし、入院。
お見舞いに行くと、不イ侖相手の女がきていた。
いつもお世話になっています、と挨拶をするとちょっとバツが悪そうにしていた。
そして、父が検査のため席を外したあと、私が持参したケーキをご馳走した。
彼女の前で普通に良識的に振る舞うことが、私にできた唯一の抵抗だった。
なんで私はこんな事をしているんだろう。
なんでこいつはのうのうとケーキを食べているんだろう。
929 :927 2003/04/23(水) 06:43:00
父と母は別居することになった。
父は件の女忄生と生活を始めた。
母には、あたらしく恋人ができたらしい。

ねえ、お父さんお母さん。自分のことばかりですか?
なんて馬鹿なひとたちだろう。この人達の血を引いている自分が情けない。
父の親戚に母を責められれば、母をかばい、
母の親戚に父を責められれば、父をかばってきた。
いったいどっちの味方だ?と詰め寄られても、
私たちには父母両方が大切で必要なんだとしか答えられなかった。
私たちは泣きたくても泣ける場所がどこにもなかった。
ある日、叔母がいった。

あなたたちは本当に強い子たちね。おばさん感心したわ。大変だろうけどがんばってね。

私たちはどこまで頑張ればいいんだろう。
妹は登校拒否になったが何とか大学に入った。自分のやりたい道を不器用ながら探している。
私は結婚した。けど、鬱病になった。夫に申し訳ないので離婚を考えている。
ようやく気が付いた。
私の心の時計は、母が不イ侖男とキスをしていたのを見た瞬間から止まっている、と。
妹ができてからのしばらくの期間の幸せも、ほんとをいうと不安だった。
もうお母さんが男の人と出掛けませんようにと祈っていたのだから。
930 :927 2003/04/23(水) 07:11:00
不イ侖なんて当事者にとっては、一時の恋愛感情なのかもしれない。
けど、家族にとっては一生背負い続ける重い十字架だ。

不イ侖体験を揚々と語っている人には
不イ侖恋愛の跡地にはこういう十字架が立つことを分かっているんだろうか。
それを支える人は傷だらけです。
それはこれからずっと癒えることのない傷です。
治りかけても、完治せず、ふとした拍子に傷口がひらいて
いつまでも血をだらだらと流し続けるんです。
当事者も苦しいでしょう。辛いでしょう。
どちらも辛い過去を背負う「被害者」になるのが不イ侖です。

不イ侖をした父も母も、父と住んでいる女忄生も、母の恋人もみんな大嫌い。許せない。
でも表面上はふつうにお付き合いするし、日々は過ぎていくでしょう。

あの日、父がクマのぬいぐるみを見つけなかったら。
私が手紙を見つけなかったら。妹が写真を見つけなかったら。母が電話をとらなかったら。
過去のいやな記憶なんて、消しゴムでなぞれば消える落書きみたいなものならいいのに。
はやく過去から解き放たれて、今ある幸せを素直に感じることが出来る心に戻りたい。

自分語り&後ろ向きな超長文でスマソでした。メンヘル板へ逝ってきます。
931 :名無しさん@HOME 2003/04/23(水) 07:32:00
>>927
読ませた、感動した!!
やっぱり子供の心には絶対に残るよね。
933 :名無しさん@HOME 2003/04/23(水) 12:37:00
>>927
泣けた・・・(ノд-。)
934 :名無しさん@HOME 2003/04/23(水) 14:01:00
>>927
同じく、泣いちまったよ・・・。

これ、別の板で読んだんだけど、頓珍漢なレスが付いてて実行者ってのは救いようがないなと思った。
あくまで「ばれなきゃいい」のスタンスで悲しくなった。
935 :名無しさん@HOME 2003/04/23(水) 14:17:00
なんか凄いね・・・
ドラマ化したら結構視聴率が取れるのでは?って感じの話だ。
936 :名無しさん@HOME 2003/04/23(水) 14:19:00
私もマジで泣けた・・・。・゚・(ノД`)・゚・。
何時の日か癒される日が来ることを祈ってます・・・
938 :927 2003/04/23(水) 16:07:00
長文ウゼー!と荒れてるかもと気になって戻ってきてしまった。
しかも他スレにコピペでびっくりした。
乚ス下さったみなさんありがとう。
ここで吐露できてなんだかすっきりしたよ。

蜃気楼のように、追いかけても追いかけても掴めなかった
「本当にしあわせな家族」に囚われた結果、鬱になってしまったみたいです。
これからはのんびり心のカゼとやらを治療します。
939 :名無しさん@HOME 2003/04/23(水) 16:14:00
>>937
>・・・相手の立場に立って考えるってことができないんじゃないか?
そんなもん出来てたら最初から不イ侖なんてしない。
自分の事だけ考え、良心よりも自分の欲求が勝るからこそ
不イ侖が出来るんだよ。
940 :名無しさん@HOME 2003/04/23(水) 16:36:00
>927
夫の不イ侖が6年前に発覚。当時、2~3年は修羅場が続きました。
今は何とか落ち着いて、何事もなかったかのように生活しています。
発覚当時、娘の入学式がありました(小学校)その娘もこの春から
中学へ上がりました。ラリラリだった夫が見せた修羅場が、子供達の心に
残したであろう傷を、貴方の書き込みを読んで考え込んでしまいました。

将来、子供達に配偶者が出来て、家庭生活を営んで行く上で、この事が
支障にならないことを祈るばかりです。元気に明るく育ってはいますが。
私自身、その時を思い出し辛くなる時はあります。何が幸せなのか判らなく
なるというか。927さん自身の幸せを一番に考えて下さい。
本当に幸せな家庭・・・余りこれに囚われても、苦しくなるだけかもしれませんね。
943 :927 2003/04/24(木) 02:00:00
>940
親子の信頼はこつこつと築いていくもの。
一度壊れかけても家庭を守ろうとしたあなたの気持ちと、
今の家庭の大切さをお子さんもきっと分かってくれているよ。