190 :名無しさん@HOME 2008/04/12(土) 22:06:25 0
近所にはっちゃけて母親引き取って、
家と母親火事で無くした家があったよ。
今は更地だけど。

そこの旦那が確か次男。引き取った母親は、
素人目にも自宅介護は無理だろと言えるレベル。
(着いたその日に徘徊と咆哮。暴言暴力奇行日常茶飯事)
確か若年性.アルツとかで、まだ50少しの若い人だった。
体力無駄にあるんだよね、ああ言う人は。
若いお嫁さんはみるみる痩せて老け込んでいって、
最後は凶暴化した母親に殴られて入院した。
それで多分もめたらしくて、お嫁さんは退院後実家へ直行。
そのまま離婚したらしくて、旦那と母親だけが残されちゃった。
でも旦那はろくに世話できないみたいで、
二人が荒んでいくのはあっと言う間だったよ。
(時折見かける母親は服ボロボロ。髪ばさばさで臭い。
旦那はあっと言う間にやつれて目がいっちゃってた)
結局お嫁さん居なくなって一月持たなかったと思う。
昼間に火事を出して家は全焼。
両隣も半焼して、帰ってきた旦那へたりこんでた。
一応隣家には保険とかで賠償したらしいけど、
旦那はその後どこへ行ったのかは知らない。
ただ、後始末に来ていた親族がこき下ろしまくってた。
せっかく良い施設に入れたのに、
自分の我がままで親杀殳して親族に迷惑掛けて許さないって。
その事件があってから、ここら一帯の年寄はみんな、
最悪の事になる前にホームに入りたい。
昔と違って素人介護はごめんって人増えた。
192 :名無しさん@HOME 2008/04/12(土) 22:17:16 O
>>190
何という地獄絵図
嫁と母親が気の毒すぎる
193 :名無しさん@HOME 2008/04/12(土) 22:23:25 0
>>192
嫁はともかく母親はあまり気の毒でもないような。
そういう息子を育てた張本人だし。
195 :名無しさん@HOME 2008/04/12(土) 22:29:53 0
>>193
甘やかして育てすぎて、善悪も抑制もパッパラパーでニートになった自分の子供に杀殳されるのと、
原因と結果の因果でいえば、正直大差無いしね。
これもまた因果応報かも。
196 :名無しさん@HOME 2008/04/12(土) 22:33:14 0
その息子、下手すると20代じゃないか?
198 :名無しさん@HOME 2008/04/12(土) 23:01:01 0
>>190
しかし近隣住人にとっては良い見本となったよね。
不幸なはっちゃけをかなり防いだのでは?
199 :名無しさん@HOME 2008/04/12(土) 23:05:51 0
>>190です。

息子さん確かに若かった。
当時27、8歳くらい。お嫁さんはもっと下だったはず。
母親が結婚も産むのも早かったんだって。
うちの義妹(近距離別居。優良コトメ)が、
そこのお嫁さんと歳も家も近くて、
よくグチ聞いたりしてたから。
私も何度か見かけたけど、
素直で明るい、ほっぺふっくらの優しそうな子だった。
タヒ者に鞭打ちたく無いけど、
何かボケる前からキツい人で苦労してたみたい。
だから引き取ってからは大変だったと思う。
それと旦那は無愛想と言うか、あまり気遣いの無いタイプ。
町内会の掃除で周りと才柔めたりしてた。
家の旦那と義弟がかなり怒ってたっけ。
旦那はともかく、あのお嫁さんは元気にしててくれるといいんだけど。
202 :名無しさん@HOME 2008/04/12(土) 23:41:10 0
>>190
何だかな~な話だね。

もし、そのはっちゃけ旦那が、自分も介護に参加していたら、
嫁さんが痩せ細ったり、殴られて入院する前に、無理だって気がついてたり、
少なくとも、嫁さんが入院した時点で諦めて施設を探しただろうと思う。

嫁に出て行かれるまで、介護丸投げで何もしてなかったのがモロバレ。
203 :名無しさん@HOME 2008/04/13(日) 00:15:56 O
焼タヒした母親ははっちゃけ息子を育てたんだから自業自得。
全て亡くしたはっちゃけは馬鹿だから自業自得。
嫁は馬鹿を結婚相手に選んだんだから自業自得。
気の毒なのは家を焼かれた隣の人だけだな。
205 :名無しさん@HOME 2008/04/13(日) 00:26:40 0
>>203
そこまで言ったら隣に住んでたのも自業自得になるだろ
アホか
204 :名無しさん@HOME 2008/04/13(日) 00:20:30 0
結婚前に馬鹿を見抜けたら誰も苦労せんがな
200 :名無しさん@HOME 2008/04/12(土) 23:37:25 0
なんだかんだいってハッピーエンドじゃない?
お嫁さんも逃げられたし、近所のいい見本になったし。
201 :名無しさん@HOME 2008/04/12(土) 23:40:44 0
グリム童話的なハッピーエンドではあるな