350 :名無しさん@おーぷん 2018/03/30(金) 00:35:12 ID:IO9
汚話注意
自分発達障害持ち21歳の女。
2個上(学年は一個上)に先天性の重度難聴の姉がいる。
幼稚園の頃の話を母から聞いたので書き込んでみる。
幼稚園の頃の自分は、早生まれで同学年の子に比べてできないこと+発達特性でできないことのダブルコンボでとにかく酷かったらしい。
一番まずかったのはトイレトレーニングができてなかったこと。母はありとあらゆる手段を試して頑張ったみたいなんだけど感覚鈍麻があるもんで「下着が濡れて気持ち悪い」という感覚も鈍く、なかなか自分で漏らした感覚が理解できなかった。
それに加えて好きなことをしているときの過集中がとんでもなくてトイレに行きたいとかいう感覚もいまいちよくわかってなかった。
そんな状態で幼稚園に入ったもんだから先生方は対応に追われて大変だったんだと思う。
感覚鈍麻のせいか弱視のせいかわからんけど不器用だからみんなができるようなハサミを使っての工作とかお絵かきとか折り紙とかもできなくて癇癪起こしてたし。
あと過集中と多動で外での遊びの時間とかお遊戯の練習の時間とかお勉強の時間とか全く守れなかったし空気読めないしコミュ力ないし。
園では虐められてたけど今にして思えばそりゃ同級生からしても目障りだっただろうなと思う。

で、そんな状態だったから母は園の先生から相当言われてたみたい。
やれ、障害のある上のお姉ちゃんに構いすぎてて私ちゃんを放置してるんじゃないか~(実際は逆。私は当時未診断だったけどあまりにできないことが多くて母は私にかかりきり)とか、お母さんの躾が~とか。
幼稚園入った頃が18年前?で、まだ発達障害とか広まってなかった頃だろうし仕方ないのかなとも思うけど、共働きなのにワンオペ育児で先生たちにそんなふうに言われて家では同居の祖母に姉と私のこと+男の子を産めなかったことを理由にいびられて相当追い詰められたらしい。
「あんたが四歳の頃にお母さんあんたとお姉ちゃん連れてタヒぬ場所探しに行ったのよ~」という話を初めて聞かされてたまげた。
思い返してみればあのときのことか?っていう心当たりが一個だけあるけど詳しくは突っ込めなかった。
ちなみに、その1年後に弟ができて祖母からのイビリが若干緩和(無くなったわけではない)。
私も小1の終わりにADHDとLDの診断がついて小学校以降は一時的に特別支援教室に通級したり、支援センターで療育を受けられたことや先生方の理解を得られたことである程度落ち着いた。
成績も高校卒業まで姉とともに上位をキープして祖母に文句をつけられないように頑張った(それでも私は生活面で時々やらかしてたけど)
姉は今公務員になって今度なんだか役職につくらしい。
私は大学、アルバイトと社会生活に馴染めずに一度FOしてしまったんだけどやっと地元で安心してお世話になれる病院を見つけて障害者手帳を取ることになった。
二次障害が緩和したおかげで就職活動もOKが出たから毎日ハロワに通ってる。
なんだかまとまらなくなったけど母からこの話を聞いて自分のせいでそこまで追い詰められてたことや、そのことに自分が全く自覚がなかったことが衝撃だったし自分のせいでって申し訳なくなった。
だけどこの話を聞いて早く安定した就職を決めて母を安心させることが一番の恩返しだと思ったからこれからも頑張るよ。
自分語りごめん。
366 :名無しさん@おーぷん 2018/03/30(金) 13:50:17 ID:Eky
>>350
お母さんはとても苦労したんだね、壮絶だったろうな
でもあなたもお姉さんも頑張ったね、仕事早く見つかるといいね~
386 :名無しさん@おーぷん 2018/03/31(土) 01:19:37 ID:B3G
>>350
お前さんとご家族の幸せを祈る