673 :可愛い奥様 2011/01/13(木) 16:23:47 ID:1C2ZVGyj0
通ってた公立中学には購買委員というのがあって、委員となった生徒は
当番制で朝と昼休みに購買部を開けて店番をする仕組みだった。

中学2年のある日、赤ボールペンを切らしたので隣の席の男子に
「ごめん、今日だけ赤ペン私にも使わせてほしい」と頼んだら、「ちょっと待っとけ」
と言って席を立ち、程なくして新品の赤ペンを持って来てくれた。
彼は購買委員で、鍵で購買部に入って私のために赤ペンを取って来てくれたのだとすぐに分かった。
「ありがとう。明日必ず払うね。80円だっけ」ところが彼は「いや、いらんよ。どうせ1本くらいばれへん」
次の日、お金を払おうとしたがやっぱり受け取らず、彼は笑って「ほら、青もやる」と言って青ペンをくれた。

そのうち、彼は消しゴム、ノート、等々、色々なものを購買部からパクってきては
私にくれるようになった。私も最初は「自分で買うからいらない」と言ってたが、
そのうち貰うことに罪悪感は持たなくなった。彼も私だけでなく、周りの人間にも配るようになった。
多分、私や周りの席の人間に配っているうちはバレなかったんだろうけど、ある日
不良グループに目をつけられ、「先公にチクられたくなかったら、もっと大量に持ってこい」となって、
大量の窃盗をすることになった。

で、結局は会計が合わないということで先生にバレて、彼は先生に呼び出されてた。
その後、どうなったかは覚えてない。私は何のお咎めもなく卒業し進学した。

自分の赤ボールペンをきっかけに、彼に万引きさせてたみたいで、ちょっと人には言えない。
674 :可愛い奥様 2011/01/13(木) 18:17:55 ID:LL561lCY0
そりゃ、その彼が周りにいい顔したいだけで始めたことだし、自業自得としか…
676 :可愛い奥様 2011/01/13(木) 21:19:51 ID:M9ReEg800
むしろ不良グループGJだとおもう
677 :可愛い奥様 2011/01/13(木) 21:45:23 ID:0bURXQV+0
赤ペンが一番最初かなんてわからないじゃん。
すぐに持ってきてくれたところを見るともう既に慣れてた頃だったのかもよ。
もし最初だったら、まず自分の貸そうとして「あ、そういえば購買部の在庫が」って途中で考え付くと思う。
彼も辛い体験だっただろうけど、社会に出る前にお金の重さを知って良かった。