391 :名無しさん@おーぷん 2017/11/26(日) 00:40:27 ID:???
書く所がないのでここで離婚経験談を書いて行こう。

元嫁が友達だかに影響されてダイエットを宣言した。
ここまで口には出さずにきていたが、確かに婚前からふくよか過ぎるのが気になっていたので俺は賛同。
元嫁の要請もあって、全面的に協力することを約束した。

朝夕のウォーキング、全食の量を1/2から1/3にというライトだけどオーソドックスな内容からスタート。
応援と同時に俺もできる限り付き合う。実際ほぼ全ての過程を共にした。
そうして励ましながらついにダイエット開始から4日目を迎えたとき、夕のウォーキングに出るところで元嫁脱走。
全力で行方を探したが、1日帰らなかった。

翌日に、行方を知らないかと尋ねたとき「知らない」と回答したはずの嫁友人(ダイエットのきっかけの友人とは違う人)と共に帰ってきた。
友人激おこ。

これはモラハラです。即離婚、慰謝料はこれくらいです。と、半泣半おこで演説する元嫁。
自分のどの行いがモラハラに当たったのかわからなかったのでそれは焦りましたわ。
曰く、この4日辛い目にあっているのに一度も助けようとしなかったことがモラハラです、と。
ちなみにこの場合の助けるとは、「今日までよくやった、これだけ頑張れば充分だろ、もう無理しなくていいんだよ」
と、甘い物などを買ってきて差し上げることだと言う。

元嫁友人も口が半開きになっていたので、モラハラ?の内容までは聞かされてなかったか、大変都合のいい話を鵜呑みにしてきたのでしょう。
暗に「これ以上荷担なさいますか」と問うと、遠回しに「滅相もない」と帰って行かれた。

ダイエットだろうが何だろうが、何かを投げ出すことなんて誰でもあるから構わない。
けれど積極的に協力してきた相手を裏切って逆ギレ同然で、相手だけを一方的に悪者にする格好で自分を正当化するやり口にいい加減怒り心頭だったので、
この件をいいきっかけに最後には返品することに相成りました。

はあ……。
394 :名無しさん@おーぷん 2017/11/26(日) 01:34:59 ID:???
>>391
デブの性根なんてそんなもん