286 :名無しさん@おーぷん
単なる愚痴。身バレしやすい内容なのでフェイク満載。
大学時代の恩師が定年退職することになり、
恩師の教え子が集まって同窓会がてらのパーティを開いた。
私は卒業して20年くらいになるが
上は50代、下は今年卒業した若者もいて、200人くらいいたかな?
わいわい賑やかに進んで、パーティも最後になり、恩師のスピーチとなった。
恩師は、こんなにたくさんの卒業生に定年を祝ってもらえて幸せだ、
と話し始め、
研究者としては大した業績は上げられなかったけど…
と続けたところからおかしくなった。

恩師は准教授で退職したのだが、
同世代のA教授とB教授とライバル関係にあるというのは
私の在学中も有名な話だった。
だけど、どうも恩師のスピーチを聞いているとおかしい。
恩師いわく、
自分はもっと昇進できるはずだったのに、
Aが邪魔するせいで頭打ちになった。
だから教授になれなかった。
自分はもっと研究業績を上げられるはずだったのに、
Bが邪魔するせいで研究が進まなかった。
だから教授になれなかった。

和気あいあいとした会場の空気が、だんだん重く冷たくなってくるのがわかった。
恩師は下を向いてマイクを握りしめ、スピーチの後半は、
AB教授にあの時はああされた、この時はこうされた、
だから教授になれなかった。
という、恨みつらみが延々と続いた。
司会の人が、会場の借り時間もあるからと強引にスピーチを収めさせ、
恩師に花束を渡してお開きにした。続く。
287 :名無しさん@おーぷん
続き。二次会で各世代からの情報を総合すると、
ライバルというより、
政治力に優れ、現在は学部長のA教授(次期学長は確実との噂)
優れた研究者であり、現在は(この分野では)もっと優秀な大学に引き抜かれ、
そこの教授となっているB教授
を、恩師は3人がまだ助手(現在の助教)の頃から敵視していたらしい。

もしかするとAB教授は嫌な奴だったかもしれないし、
学内の出世争いは非道だったかもしれない。
だけど、恩師は学生の面倒見がよくて人気があって、
(だから有力な教授でなくても学生が集まった)
今回のパーティだって皆喜んで参加したのに、
積年の溜まっていたことを吐き出したかったのもわかるけど、
学生に好かれていたことより、ABへの敵愾心の方が上回ってた、
ということが教え子として情けない。
288 :名無しさん@おーぷん
学生に好かれていたことより、ABへの敵愾心の方が上回ってた、
っていうより、その愛する教え子たちへの甘えが出てしまったのかなぁと思ってみたり。
313 :名無しさん@おーぷん
>>288
286,287です。
進み早いなーこのスレ。
甘え! そうですね。目から鱗が落ちる思いだ。
書き込んでよかった。ありがとう。
http://kohada.open2ch.net/test/read.cgi/kankon/1466167347/